忍者ブログ

ニュースリリースのリリースコンテナ第一倉庫

ニュースサイトなど宛てに広く配信された、ニュースリリース(プレスリリース)、 開示情報、IPO企業情報の備忘録。 大手サイトが順次削除するリリースバックナンバーも、蓄積・無料公開していきます。 ※リリース文中の固有名詞は、発表社等の商標、登録商標です。 ※リリース文はニュースサイト等マスコミ向けに広く公開されたものですが、著作権は発表社に帰属しています。

2018'08.19.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'03.15.Thu

日本IBM、中堅企業向けに短期間で確度の高いERPソリューションを提供

中堅企業向け、短期間で確度の高いERPソリューションを提供


 日本IBM(本社・東京都港区、社長:大歳卓麻、NYSE:IBM)とIBMビジネスコンサルティング サービス(本社・東京都千代田区、社長・椎木茂、以下IBCS)は、IBM (R)が持つ独自のERPパッケージ短期導入のノウハウと、SAP社の中堅企業向け導入支援ツール「SAP Best Practices」を組み合わせ、中堅企業のお客様向けに短期間で確度の高いERP導入を提供するソリューション「IBM EX ソリューション for SAP Best Practices」を本日より提供します。

 当ソリューションの最大の特長は、最初の段階において、無償でIBCSのコンサルタントがお客様の業務を分析する点です。

 具体的には、お客様と2日間のセッションを実施し、お客様の業務をヒアリングします。お客様は、システム担当者だけでなく、営業部門、製造部門、経理部門など、現場の関連する全ての部門から参加していただきます。このヒアリング結果を基に、「SAP Best Practices」の適合性などをIBCSのコンサルタントが分析し、約2週間後に、期間、金額、パッケージ適用範囲など、プロジェクトの全体感を提示します。

 あらかじめパッケージの適用可能範囲を分析することにより、独自に開発すべき部分も明確になるため、当初予定した期間や金額を逸脱する危険性が極めて低くなり、確度の高いプロジェクトが期待できます。

 また、無償での業務分析に加え、「SAP Best Practices」は組み立て製造、食品、プロフェッショナル・サービス(ソフト開発会社、監査法人、人材派遣)などの業種ごと、かつ、受注、出荷などの業務領域ごとにビジネス・シナリオが細分化されているため、自社に最低限必要な部分だけからERPの導入を始めることができ、中堅企業のお客様にとって安心して適切な投資で業務改革を推進できます。


以 上


 IBMは、IBM Corporationの商標。
 その他の製品名および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[12263] [12262] [12261] [12260] [12259] [12258] [12257] [12256] [12255] [12254] [12253
«  BackHOME : Next »
広告
ブログ内検索
カウンター

忍者ブログ[PR]